顔面崩壊キャラの激ムズアクション『The cake is a lie!』

The cake is a lie!
The cake is a lie!

暇つぶしゲーム様掲載のアクション、フラッシュ無料ゲーム。
ロード終了→「PLAY」(音の有りか無かを選択)→「NEW GAME」でスタート(広告が出たら「CLOSE」で閉じる)。

2つに割れた顔に足が出ている、顔面崩壊キャラをゴールまで導こう。

キャラを矢印キーで移動。
ジャンプは「スペースキー」で、はしごの1番上から近くの地面など他へ移動するときは「↑」キー。
ゴールの扉までキャラを誘導すればレベルクリア。
エリアにコインがある場合は、右上に表示された数のすべてのコインを集めないと扉が開かないので注意。

青い「!」ブロックに主人公が近づくと、上に英語でヒントが表示。
このヒントを理解しないと、クリアできないであろうレベルもアリ。
英語は簡単なので、ブロックを見つけたら近づいてチェックしよう。

理不尽というほどでもないけど、意地悪でけっこう難しいw
コインを取らずに先へ進んでしまうと、死んでやりなおすしかないという、覚えゲーみたいな要素あり。

何でこのゲームでこんなタイトルなのかと思い、調べてみたら「The cake is a lie!」はスラングみたい。
翻訳の仕事をしているイギリス人「Luke Tunnicliffe」さんのホームページ”英語 with Luke”に意味が載ってたいたので参照すると、

「the cake is a lie」は「Portal」というゲームに出てきます。「portal」は謎解きのゲームで、ゲームの中の部屋では、「the cake is a lie」は壁にグラフィティとして書いてあります。謎を解こうとしている時にナレーターはこのを謎を解くとゲーキをあげるよと言います。でも、実際このケーキは嘘です。ですから、壁に「the cake is a lie」が書いてあります。

それでは、「the cake is a lie」はどうやって日常会話で使うのでしょうか?補償や褒美が提供されますが、その補償が絶対に嘘だと思う時に「the cake is a lie」と言います。つまり、「the cake is a lie」は「その褒美が実際ないよ」という意味になります。

ということらしいけど、いまいち使い方がぴんと来ないw
「portal」はPCゲームで、「portal 2」だとPCのほか、XboxとPS3で発売されているみたい。

操作:マウス|移動、階段の上り下り:矢印キー|ジャンプ:スペースキー|ミュート:M