原子力発電所から離脱ゲーム『Chicka(チッカ) episode-10』

Chicka(チッカ) episode-10
Chicka(チッカ) episode-10
ピクセル工房様制作の探索ゲーム。
ロード終了後「はじめから」クリックでスタート。
(はじめる前に「遊び方」をクリックして、基本的な操作方法を覚えよう。)
前作の「episode-9」の続編で、「episode-9」のネタバレを含む。
未知の惑星を探索中に遭遇した、壊れた原子力発電所から離脱しつつ、人工知能の「PIXEL」のナビを頼りに、見知らぬ惑星を探索しよう。自動セーブ。
”惑星”を発見する方法についての動画は、”続きを読む”(個別ページではこの下の方)から。
操作:マウス|関連記事:ピクセル工房


発見される、無数の惑星

かつて人類は、夜空を眺めながら色々想像した。
今日我々は、輝く無数の星はすべて太陽-のように燃える恒星で、その周りには惑星があることを知っている。
しかし、惑星は光を-発しないため、観測できない。
どうやって見つけたのだろうか。
スイス人の天文物理学者”ミッシェル・マイヨール”教授と”ディディエ・ケロズ”教授が1995年に初めて太陽系外惑星を発見して以来、今では毎週のように新しい惑星が確認されて-いる。
この2人が使った「間接的な発見方法」は、今も十分に有効だ。
それをこのアニメ-で紹介しよう。
swissinfo(スイスのニュースチャンネル)より
一週間に1個の割合で”惑星”が発見されているのには驚きだね。
”星の数ほど”とはよくいうけど、そんな数だったら、地球まで来れる文明を持った”惑星”も余裕でありそうだよねw
参照:YOUTUBE